Webマーケティングにも色々とあります

「Webマーケティング」というと、多くの人がSEOなどを想像するかと思います。
確かにWebサイトのアクセス数を向上させることは1つの方法かと思います。
最近では、訪問する人の属性に応じてページを切り替えるということを行うところが増えてきています。楽天やアマゾンなどで実施している、閲覧した製品と同様の製品をページに表示させるというような取り組みです。

個人的には、これが結構うざかったりするのですが、効果はあるのかなと思います。
ただ、弊社も含めBtoB企業には、こういった取り組みはあまり効果がありません。
訪問者の満足度を高めるというよりは、訪問者がどういった人(企業)で、どういったページに興味があるということが重要です。

ここまで書くと、SEOなどでアクセス数を増やした次は、アクセスした人の分析かと思いますが、この部分の取り組みを行っている企業はそれほど多くありません。
GoogleAnalyticsなどの無料ツールを使ってアクセス数を見ているくらいではないでしょうか。

弊社では、アクセスしてきた企業名(すべてではありませんが)がわかるアクセス解析サービスを紹介しております(当然有料です)。
弊社でも利用していますが、「会社名」だけでなく、「業種」「売上高」など企業情報も入手できるため、非常にお得なサービスです。

弊社では、このサービスを利用して、問合せのあった企業からのアクセスが、どういったキーワードから検索されたのか、どういったページを閲覧しているのかを確認したうえで問合せへの対応を行っています。
この作業をすることでお客様への訪問時の対応が格段に変わってくると思います。

月3万円でできるサービスですが、SEOとかでたくさんのお金をかけるのであれば、こういったものから始めるのはどうでしょうか。

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。