【B2Bマーケティングで必須の履歴項目

本日は、B2Bマーケティングで必須の履歴管理について
お話し致します。

まず、履歴の種類にはどのようなものが必要でしょうか?

それは、お客様との関係性構築の内容となります。
例えば、セミナーや展示会への来場履歴です。
私達はそれをイベント履歴と呼びます。
そしてその項目には、下記のような属性が必要となります。

イベント名   
イベントタイプ名(セミナー 、展示会など)
マルチセッションイベント  
担当者
対象製品  
開催日
開催地 
開催場所
開催場所URL
開催会場
定員数 
開催開始時間
開催終了時間 
受付開始時間
主催 
内容  
参加対象
参加費 
問合せ先     
申込受付開始日
申込受付終了日
講師会社名
講師部署名  
講師役職名  
講師氏名

次にこちら側からアクションした履歴を登録するために
販売促進履歴のテーブルが必要となります。
それらの項目は

販促名  
販促タイプ名 (DM 、FAX、e-mailなど)
実施開始日  
対象製品  
企業数
担当者

また、営業が接触した結果を残す営業履歴テーブルです。
それには下記のような項目が最低必要です。

会社名
訪問日
用件
営業担当
予算額  
顧客対応者 
結果
顧客コメント
訪問日時
訪問者

以上となりますが、営業管理については、詳細な案件管理など
現在開発中のDr.Sales(営業管理ツール)にて構築しますので
本当にプロフェッショナル営業であれば、現在のDr.Marketingの
営業履歴で充分です。

次回は、部門間での情報共有のありかたについてお話ししたいと
思います。

2012年5月15日(水) 福重

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員