業務の効率化

GWが終わり、私どものお客様の多くは、展示会出展に向けて大忙しの毎日かと 思います。
IT業界の方は、先週大規模イベントの第1弾が終わり、まずはほっとしている方も 多いのではないでしょうか。

ですが、イベントに参加するのが目的ではなく、参加者(来場者)からいかにして案件を 獲得するか、いかにして商談を成約するのかが本当の目的です。 (と、以前から言っていますが、なかなかそのようにいかないお客様のいらっしゃいます)

多くのお客様は、来場した方の個人情報を営業担当者へ渡して、フォローをしてもらうという 運用をしているかと思います。
(弊社にフォローの依頼がないところについては) 営業担当者は、メールもしくは、電話にてアポイントの取得などに励まれているのでしょうが 他の業務、案件の対応もしながらですから、あまりはかどらないことが多く、気づいたら 5月が終わっていたなんてことはないでしょうか。

そういう時の営業の言い訳は決まって 「電話したけど、不在でつながらなかった」 「忙しくて電話する時間がなかった」 などではないでしょうか。
当然相手(コール先)も業務をしているわけで、電話したら必ずいるかというわけではありません。 なので、メールなどでのやり取りも増えるのですが、メールだと、相手に興味がなければ 返答はありませんので、やはり電話が効果的かと思います。

ちなみに、以前あるお客様のコールの中で、何曜日の何時が電話に出てもらいやすいか という傾向分析をしたことがあります。 その際に判明したことは 最もつながるのが水曜日、最もつながらないのが金曜日という結果でした。 両者の差が10%くらいついていたので、これは非常に興味深いものでした。
また、時間帯でいうと、水曜日の午前中と木曜日の夕方がつながりやすく 金曜日の午前中と午後イチが一番つながらないという結果もでました。 (こちらは両者の差が15%近くになりました)

このことからもつながりやすい時間帯に効率よくコールしないといけないのですが 決まった時間を確保しずらい営業マンが多いでしょうから、どうしても空いている時に コールして、不在でつかまらず、2,3回コールして諦めるという結果になってしまうのでしょう。

そんなことなら専任の人間(または業者)に任せるのが有効かと思います。 このような無駄をさせないことも立派な業務効率化ではないでしょうか。

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。