今年の展示会

弊社は、毎年展示会絡みの仕事をしておりますが、今年は「来場者が少ない」と
言う声を多く聞きました。
実際に、来場者名刺入力の件数が、お客様の想定数より少ない結果のところが
多くありました。
ちょっと調べてみると、5月上旬に開催されたITWeek(リードエグジビジョン社主催)の
来場者数にも顕著に結果が出ています。

2011年 124056名
2012年 94805名
(結果はHPより取得していますが、来場者のカウント数など2011年と2012年で
変わっている場合があります)
30000名も来場者減ということなので、お客様の言っていることはまちがって
いなかったのかなというのが感想です。
私自身は残念ながら、来場できなかったので実感はできませんでした。
上記のことからも、展示会の場合、来場者が来ないと話になりません。
今年減った理由は不明ですが、雨が降ったり、猛暑だったりすると来場者が
減るということも良く聞きます。
私はよく、「展示会に多くの費用をかけるなら、少ない費用で、狙いたいところに
ピンポイントにねらいませんか」というお話をしています。
展示会には、自分らが必要としていない顧客もいるわけで(同業者や学生など)
そういったところに無駄な労力や情報を提供することがなくなるだけでも
効率がよいのではないでしょうか。
実際に展示会に出なくなっても結果を出しているようなお客様の事例がありますので
興味があれば連絡してください

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。