顧客を具体的にイメージしてみる

タイトルは、 先日お客様との打ち合わせ中に繰り返し頭に浮かんでいたことです。
マーケティングのDBを構築するためのプロジェクトで、 どうしたらクライアントにとって有用なDBが構築できるのかという点について ディスカッションしていました。
顧客プロファイルをしっかり集めて、 長期的な視野で顧客育成を行っていこうという素晴らしい試みに取り組んでいます。

ただ、ここで問題となるのが、 どのような顧客プロファイルを集めるべきかということです。
単に様々なプロファイルをDBに貯め込んでいくだけでは クライアントの真のニーズは満たされないでしょう。

マーケティングDBからターゲットを抽出するとして、 本当に必要なプロファイルは何であるのか、 それが明確になって初めて有用なDBを作ることができるように思います。
そのために大切なことは、やはり具体的な顧客のイメージを持つことです。

例えば、 どのようなシステムを利用しているのか どのように業務を行っているのか どのような課題をもっているのか より具体化させていくことが重要ではないでしょうか。
ただし、そのイメージが本当に正しいのか検証することをお忘れなく。

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。