メールのメリットデメリット

我々の業務の中でメールを使う比重がどんどん高まっています。
お客さんへ連絡を取るのもメール、見積もりを提出するのもメール。 少し前であれば、電話や直接会ってということも、 今ではメールが主流となっています。

また、メールの利用はお客さんとの連絡だけにとどまりません。 部署間の連絡、個人的なやり取りなど、 社内の連絡にもメールの利用が増えています。

確かに、メールを利用することは、メリットあります。 いつでもメールという文章を確認できる点、 また、言った言わないになることもエビデンスとして残せる点、 多くの人に一斉に情報を知らせられる点 などです。
しかし一方で、メールには多くのデメリットもあります。 メールだとニュアンスが伝わらず誤解が生まれやすい、 そもそもメールを打つのに時間がかかる、 レスポンスまで時間がかかるなどです。

電話なら1分で確認できることを、メールだと半日かかる、 なんてことも、珍しくありません。 特に社内のコミュニケーションでは、 メールを利用しないで、直接話した方がいい面が、見受けられます。

デメリットも考えながら、メールはうまく活用していきたいです。

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。