努力と方向性

今年は、新渡戸稲造さんの生誕150年らしいです。
みなさん、新渡戸稲造さんを覚えていますか。樋口一葉さんの前に五千円札の肖像になっていた方です。

私は、新渡戸さんの著作「武士道」を読んでいましたが、他に何をした人なのか存じ上げませんでした。
国際連盟事務次長を務めた日本が世界に誇る偉人だったらしいですね。

そんな近代日本を代表する国際人だった新渡戸さんですが、若い頃は演説が苦手だったらしいです。
「”聴衆をのみ込んでやれ”と思えば思うほど、自分がのみ込まれる気がした」と述懐しています。 

そんな彼ですが、ある時吹っ切れた瞬間があったそうです。
「褒めるか、謗るかそれは他人のする事で、自分は結果を出せるように努力していくのみ」と腹をくくった時を境に、演説の達人と飛躍したそうです。
新渡戸さんはきっと正しい方向で努力したので、演説の達人になったのだと思いますが、努力する方向性が間違っていたら、達人にはなり得なかったのではないでしょうか。

これは企業でも同じ事が言えると思います。 新規開拓・・・これはどんな企業でも大きな課題の一つになっていると思いますが、この新規開拓も間違った方向に努力したら最適な利益には結び付きません。

アイアンドディーはテレマーケティングやメール配信等様々なサービスを提供しておりますが、その前段階として御社に最適な販促活動をご提案できるスキルも持ち合わせています。
新規開拓がうまくいっていないと感じたら、気軽にお声掛けください。

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。