【任せるに足りる人の定義】

今後の組織拡大に向けて、文書やおきての整備に入っている。

第一号の定義:任せるに足りる人物の定義
「自らが計画を立て、チェックし、改善し、そしてその目標の達成に責任を持つ」
という人物、少なくともマネジャー以上になる人は、これが出来るのが前提だ。
2013年2月27日(木) 【3592日】 福重 広文
福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員