【積小為大】

「せきしょういだい」と読みます。

この言葉は二宮尊徳が作ったとのことですが、古典から来ているかと
思います。
 「小さなことを積み重ねれば、大きいことが出来る」と言う意味です。
当社では、以前から自作の「TO DO リスト」を作成し、社員全員が共有しています。
もう、5年以上利用しているので、3月からA6サイズのメモ帳を利用することにしました。
このメモ帳の名前が「積小為大ノート」です。
表紙に「積小為大」と明記し、毎日、帰宅前に明日実行する内容を、優先順にTOP7
書きあげ、上司(一般→マネジャー→部長→社長)に提出します。
一般社員の分は部長どまりです。マネジャーと部長の分は社長が見ます。
全員がこのノートを持ちながら、相談をすることになります。
この効果がどの程度になるのか、今から楽しみです。
まずは慣れろ!から始めます。
2013年3月1日(金)【3590日】 福重 広文
福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員