【しつけの三原則】

しつけの三原則とは、明治、大正、昭和を生き教育界に多大な

影響を残された森信三先生の言葉である。

1.朝のあいさつをきちんとする
出来ればはっきりした大きな声が良い
2.「はい」とはっきり返事をする
3.席を立ったら、必ずイスを入れる
ハキモノを脱いだら必ずそろえる
これらは、弊社で新卒に励行してもらっている内容でもある。
2013年4月26日(金)【3535日】 福重 広文
福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員