心の改善

先日読んだ書籍の”着目大局 着手小局”という言葉に惹かれました。
ご存知のように、改善に取り組む際の、戦略と戦術を表す言葉です。
千里の道も一歩から。。。 小さなことでもできる事から始める事が大事という言葉です。

————————————————————————

4月になり、新しい仲間を迎えたチームも多いと思います。
“新メンバー一丸となって頑張るぞ!”とモチベーションがグングン上がっている事でしょう。

しかし、時には意識だけが先走りしてしまい、来月には5月病に。。。なんて事にはならないよう、 心の改善をテーマにしました。

モチベーション変化=意識改革 この公式を成立させる2つの薬の言葉があります。
一つは”要するに”、一つは”まずは”です。

“要するに”は、内容を整理整頓する言葉。
やるべき内容を明確にするだけではなく、 優先順位もはっきりします。
“まずは”は、着手を促すと共にメンバーのモチベーションを上げる言葉。
短期でやるべき事を明確にすることで、一体感も生まれます。

心の改善は、即ち、組織においてのチームEQ(Emotional Quotient)を底上げします。
ただ一点、気をつけなければいけないのは、片方だけを用いる事。
“要するに”だけとか。。。”まずは”だけ使用すると、モチベーションダウンの恐れがあります。

これを間違えると劇薬になりますので、お気をつけください。
(頭の良い管理職の方が、特に多いそうです。。。)

戦略を明確にし、やるべき事を当たり前のように実行する。
その為には、みんな同じ方向を向いて、確実に前進することだと思います。

我々もクライアント様と同じ想いで、一緒に歩んでいけるよう。 当社がやるべき事を、ひとつひとつ丁寧に取組みます。

菊地 晃
菊地 晃

業務パッケージメーカーに在籍し、プロダクトマーケティングからルートセールス・ハイタッチセールスまで、 営業企画と営業活動の上流から下流まで幅広く経験。\nその後、ERP系SI企業でダイレクトセールスを経験した後、I&Dにて業務系サービスを中心にプロジェクトを担当。 業種・業務にフォーカスした活動経験が豊富。