自画像と他画像

どんな会社でも自分と考え方が違う人はいます。
そのため、考え方が違う人を避ける事もあるでしょう。

以前「自画像と他画像が異なる事はある。しかし、他画像を意識する事が必要」と話してくれた方がいました。

他画像とは単眼的思考では無く、複眼的思考で物事を捉える事と認識しております。
それ以来「複眼的思考」を身につける事を意識して行動しています。
これは会社という法人にも当てはまると考えております。

当社では、お取引先のお客様に「バリュープロポジション」の作成を推奨しております。
バリュープロポジションとは”顧客が望んでいて”、”自社が提供でき”、”競合他社は提供できない価値”のことです。
つまりは自社を複眼的思考で捉える事で自社が顧客に何を提供できるのかという事を再確認する事ができるツールです。

自社のバリュープロポジションとは顧客に提供する事ができる価値の組み合わせであり、製品やサービスのメリット、自社の存在価値や独自性を顧客に伝え、その価値を高める事が出来ます。
このようにお客様にも自社のバリュープロポジションを作成頂く事で新しい気付きが生まれる事もあると考えております。

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。