費用対効果と言うけれど

費用対効果と言うけれど

「費用対効果」と言いますが、これ難しいですね。

「使った費用(広告費等)以上の効果(売上)がなかった」 「同じ費用を使うなら媒体Aより媒体Bの方が効果があった」 という風に耳にします。

効果が売上という明確な軸ならば良いですが、施策の直接的な結果として 売上まで効果を測定できていないケースもあるわけです。BtoBでは。

 

BtoBにおける費用対効果とは

リスティングとDMを比較してどちらが費用対効果がというのも考えものです。 どちらが費用対効果があるのかを判断するには、DMを見て検索をしてリスティング広告経由でコンバージョンした際にどちらの効果と見るのか、そもそもトラッキングできるのか?という問題もあります。

個人的な肌感覚ですが、販促費5万、10万程度の月額販促予算しか使っていない企業は、「費用対効果」という言葉を良く口にする、気がします。 正直、この程度の予算で、今月はリスティング広告、翌月は別の施策、では費用対効果も何もありません。

どの施策でも同じですが「数万円から始められる施策」というのは、あくまでも「数万円から始められる」であって「数万円で効果がでる」ではありません。

仮に5万10万で効果が出たとしたら「ラッキーパンチ」でしかありません。 どんな広告であれ販促施策であれ「たまたま」はあります。 確率の問題ですから。

 

まとめ

いかがでしたか?

自社の商品・サービスの対象、提供価格をキチンと認識した上でこれという施策に本気でトライして徹底的に検証する、という形でないと結果はでないと思います。

と言うのは簡単ですがなかなかできることではありません。

現在、弊社ではIT企業のマーケティング担当100名に取り組み状況(予算・体制・具体的な施策etc)を取材させていただき、統計レポートにまとめる企画を進めています。 ご興味のある方はご一方下さいませ。

お問合せはこちらから

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。