【逆境の捉え方】

先日の新刊本でジョン・キムさんの

「時間に支配されない人生」 の書評が気にいったので
早速購入した。
 いくつも、感動した点があるが、本日は1個所紹介したい。
それは「逆境の捉え方」について、
逆境の捉え方には3つある。
1.ある人は、逆境が訪れたら不安になる、落ち込んだり、泣いたりする
2.ある人は、逆境が訪れたら感謝し、成長のチャンスだと思って頑張る
3.ある人は、自分の人生の目的は成長することであり、そのためには
逆境を乗り越えることが不可欠な要素だと思っている。
厳しい逆境であればあるほど成長の度合いが大きいと知っているため、
自ら逆境を選択する。
恩師の田坂広志先生も、目の前に二つの道があるとすれば、困難な道を選択し
しなさいと言われる。また、人生に成功を求めるのではなく、成長を目指すこと
成功に法則はないが成長には法則があると言われる。
 この成長の法則は、数千年前の中国古典、江戸時代の佐藤一歳、昭和の中村天風、
安岡正篤先生などが言われることと同じであるということに最近気づいている。
 それは古今東西、人間が成長することには普遍性があるのであろう。
2013年5月15日(水)【3516日】福重広文
福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員