【多逢聖因】

本日は安岡正篤先生の語録から

「たほうしょういん」と読むそうである。
意味は、
人間はできるだけいい機会、いい場所、いい人
いい書物に会うことを考えなければならない。
これを【多逢聖因】と言う。
 また、多逢聖因の前に縁尋機妙(えんじんきみょう)をつけてあることがある。
意味は、良い縁がさらに良い縁を尋ねて発展してゆく様は誠に妙(たえ)なる
ものがあると言うことである。
 人生は短い。
だから良い人、良い場所(パワースポットに行くのもわかる)
良い絵画、良い食事、良い本を毎日精読、通読する。
ことが必要ということだと思う。
2013年5月19日(日)【3512日】 福重 広文
福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員