展示会の時期

GWが過ぎ、今年も展示会が多く開催される時期になりました。
今年は日程の関係で、GW明け早々にITWeekがはじまり、多くの出展企業の 担当者は、GW中も忙しい毎日だったのかもしれません。

弊社では、展示会出展企業から、来場者から受領した名刺やアンケートを データ化する業務をよく請けることがあります。

多い会社で3000枚の名刺、少ない会社でも2~300枚の名刺をお預かりするのですが 毎年気になるのは、データ化してどのようなことに活用するのかということです。

多くの企業では ・来場のお礼のメールを送る ・来場者数の傾向(来場数や部署、役職の割合など) ・ブースの評価 などを行うかと思うのですが、せっかくデータ化するのであればもっと様々な 活用をするべきではないでしょうか。

最近、ビッグデータというキーワードで様々なデータを分析するということが 重要になっておりますが、こういった展示会来場者のデータも非常に重要です。
1回の出展で、数百万の費用、企業によっては、1000万以上の費用をかけて 実施するイベントですから、効果検証や出展する意義をきちんと明示する 必要があると思います。

われわれのお客様でも、弊社に様々な観点でのデータ集計、分析を依頼される 方もいらっしゃいます。
これから、データをまとめるという方も多いかと思いますので、是非声をかけて いただければ、いくつかのご提案をさせていただきます。

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。