リストが無いのは、ビジネスが無いのと一緒?

ビジネスを始めようと考えた時、最初に考えるのはお客様の事ではないでしょうか?

B2Bであれば<業種・規模・地域・役職・業務・企業グループ>etc・・・ ビジネスの根っこは、”需要と供給”ですから、必要であろう人に必要であろうものの情報が届かなければ、売買は成立しません。
そう考えると、”リストが無いという事は、見込案件を作れない”事です。

個人的には、この状況を 『ビジネスがデザインできない』 と呼んでいます。
デザインとは目的のために創意工夫すること。
リストでいえば、ターゲット情報の抽出や必要な情報の付加になります。

我々は、これを データクリーニングサービスで実現するのですが、工夫のしようがないリストを目の前に、困っているお客様は結構多いです。
一回クリーニングしても、すぐに使い物にならなくなる。
これは新規登録されるデータに統一性が無い事が原因なのですが、リストは全社で使うものなので、様々な人が登録する事(登録自体されないで古いまま残る事)から、なかなか解決が難しい問題です。

使えなければ、リストを持っていない事と同じ事。
だから使えるようにするために、担当者の方はその都度何時間もかけて、必要なのかどうかわからないデータまでメンテナンスして疲れきってしまう事があるようです。

つい先日、セミナー管理システムを利用されているお客様から、”ターゲットリストが抽出できない”と相談がありました。
それもそのはず・・・そのお客様はB2B企業なのですが、管理しているのは出席者=人のリストでした。これではセミナーの案内はできても、企業ニーズの分析はできません。
その結果、お客様から依頼頂いたのは、参加者リストへの 企業データ付与B2B向け顧客管理システムの契約依頼でした。

これによりお客様は次の分析がリアルタイムで可能になります。  
- 同一企業で、何人と面識があるのか?  
- 新規顧客か、既存顧客か?  
- どこでコンタクトしたのか?(セミナー・営業訪問・コール・WEB問い合わせ)  
- 他部署や他拠点でもコンタクトしているのか?  
- 今回の案内を送っていのか?送らない方がいいのか?

今描いているデザインを現実にすることで、お客様は次のデザインを描きだすと思います。
お客様のビジネスデザインを実現し続けられるよう、これからもできる限り、サポートします。

菊地 晃
菊地 晃

業務パッケージメーカーに在籍し、プロダクトマーケティングからルートセールス・ハイタッチセールスまで、 営業企画と営業活動の上流から下流まで幅広く経験。\nその後、ERP系SI企業でダイレクトセールスを経験した後、I&Dにて業務系サービスを中心にプロジェクトを担当。 業種・業務にフォーカスした活動経験が豊富。