【シンガポールの存在が際立つ】

最近、ものすごく感じるのがシンガポールの存在だ。

昨年の10月ごろから1社の仕事をシンガポール経由で頂戴し2月に納品した。

昨日と今日は2件のinquiryがあった。

もちろん当社のパートナー(代理店)がシンガポールに居るのだが、最近の

問い合わせの頻度が多くなっている。

 理由は、シンガポールにAPAC,JAPANのマーケティングのボスが居ることである。

ここから日本に日本法人があるにもかかわらず、シンガポールマーケティングの

ボスから弊社のシンガポールの代理店、そして日本では弊社となっており、

日本でのマーケティング活動の仕組みづくりを依頼してくる。

正直、20年前は、アジアの本部は東京だったので、東京の凋落は涙目状態。

しかし、シンガポールの一人当たりのGDPや給与(大卒初任給が26万円)が

はるかに日本より高い(家賃もむちゃくちゃ高い)ことを知るとなるほどと納得する。

私は海外駐在10年という経験で、外国人との交渉も苦にしない。

基本は
1.正直で誠実
2.言ったことは守る
3.こちらが正しいことは正面突破
4.議論激論(ケンカに近い)は交渉の一つ
5.根に持たない
6.激しくやりあっても飲みに行く
で、大概OKである。

2014年4月15日(火曜日)

 

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員