【知性を磨く 「スーパージェネラリスト」の時代】を読んで

「知性を磨く」を拝読して

まず、知性と知能、知識、知恵の違いを再認識
知性とは、答えのない課題を考え続ける力
知能、答えのあるものを素早く回答する能力

経営は特に、素早く意思決定することが日常茶飯事、
そこで、割り切って決断していないか?

悩んで悩んで、でも迅速に、
社員のこと、その家族のことを考え、
腹を決める。
腹を決めたら、
迷わない。

スーパージェネラリストになるには?
垂直統合が出来ること。
それには、自己限定を捨てること。

経営者は、中途半端な思考をするので
垂直統合が出来ない。
非常に頭の痛い話である。

経営は命がけで、やらねばならない。
この会社が終われば自分の命もない。

自分一代で満足するのは野心
志は次の世代にも残せる事業

そのために、山登りの戦略思考から
波乗りの戦略思考が出来るように
ならないといけない。

最後に人間的魅力とは何か?
考え続けてみたい。

2014年5月19日 福重 広文

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員