マーケティングのお仕事

lgi01a201312291600

『マーケティング活動といったものを、どう進めて良いかわからない』
『自信無さそうに、サービス説明をしている』
『他の会社は、営業との役割分担をどのようにしているのか』

———————————————————————————————

最近、マーケティング活動自体の進め方について、ご相談頂く事が多くなりました。

まずは前提の確認が必要です。                                                マーケティング業務の目的は、主に次の3つに集約されます。

1.ニーズの確認                                                          2.サービス内容の伝達                                                      3.サービスがニーズを満たしているかの検証

1.はサービスや製品開発のために、2.は社会貢献(自社にとっては利益創出)、3.は1.と2.の活動の改善有無の検討に必要です。                                                      マーケティングを実施する上で、今回のプロジェクトが上記のどの目的を果たす為の活動なのかを確認する必要があります。もちろん、並行して複数の目的を果たしたいと考える場合もありますが、それでもどこに軸足を置くかは意思決定する必要があります。                                        ———————————————————————————————

私たちはプロジェクトの目的やフェーズを明確にするために、お打ち合わせや情報提供を行っています。

個人的には、私たちが支援する事で”自信を持ってサービスを勧めて欲しい”とも考えています。

特に ”急な連絡をしても迷惑では無いのだろうか” ”自社サービスを進めても必要無いと言われるのでは”と思っていらっしゃる方がスタッフにいらっしゃる様子があれば、是非、ご相談頂きたいです。

上記のような考えが出てくるのは、必ずしも珍しくありません。それは、サービスの内容を伝える事に意識が行ってしまっているからです。マーケティング活動に必要なのは、1.お客様がどのような事に課題や興味を持っていて→2.自社サービスがその課題解決にどのように貢献ができて→3.実際にどのようにお客様に満足頂いているのかが理解できれば、新規のお客様にも自信を持ってご案内できます。そして、積極的に紹介したくもなります。

私たちは効果的で適切なマーケティング活動を実行する為、現在のマーケティングフェーズのご確認からお手伝いしています。

”必要な方に、必要な情報とサービスをお届けする”

お客様のマーケティング活動にもっとも必要な事を実現して頂くために、そして、サービス提供する企業とそのサービスを利用する企業の双方が幸せになる為に、我々はこれからも支援を続けていきます。

 

株式会社アイアンドディーサイトはこちらから
http://www.iad.co.jp/</a>

お問合せはこちらから
http://www.iad.co.jp/contact/</a>

菊地 晃
菊地 晃

業務パッケージメーカーに在籍し、プロダクトマーケティングからルートセールス・ハイタッチセールスまで、 営業企画と営業活動の上流から下流まで幅広く経験。\nその後、ERP系SI企業でダイレクトセールスを経験した後、I&Dにて業務系サービスを中心にプロジェクトを担当。 業種・業務にフォーカスした活動経験が豊富。