【実践】データベースマーケティング

a0001_016834

所有しているデータから得られる情報を分析し、商品販売・提供の仕組みを考えるデータベースマーケティング。
BtoBにおいて、データベースとは企業情報(個人情報ではありません)であり、所在や業種、規模・組織といった定量データから、ニーズや興味といった定性データを活用して企業間の絆を深めていきます。
(営業においては対個人との絆の深さも非常に重要である為、BtoBのマーケティングにおいても企業情報の中で担当者情報は必須です)

それではどのように絆を深めるのか。
DMやメール、FAXや電話、訪問やセミナー集客など選択肢は多様です。
ただし、状況によってそれぞれの手法にメリットとデメリットがあります。
費用対効果を最大化する為には、データベースからターゲット分析を行い、手法による想定効果を検討していく必要があります。

データベースマーケティングの実践において、想定効果と結果のギャップは非常に重要です。
その精度が低ければ、次のマーケティング実践においても、計画策定に時間がかかり、結果創出までの時間とコストが必要になります。

では精度を上げる為には、どのような方法があるのでしょうか。
同様の活動を行った過去結果の取得や、同じような施策を実践している経験者をプロジェクトに迎える方法も有効です。
(上記ご検討の際は、弊社にお声掛けください)

——————————————————————————————————–

マーケティング実践に向けて、他にはどのような準備を考えればよいのでしょう。
一点、確実に言える事は【企業情報の整備】です。

企業情報はBtoBマーケティングにとって、分析/実践/検証とあらゆる場面で必要です。
実際に、いくらあっても困らないのが企業情報です。

企業情報の整備についても、四季報のデータ化やネット検索、データ購入やクローリングプログラムの利用など様々な選択肢があります。
上記のような方法であれば、弊社が作業代行する事も可能ですし、既にデータ化したリストのご提供も可能です。

——————————————————————————————————–

マーケティングのやり方に正解はありません。
だからこそ、結果創出には情報と分析は不可欠です。

マーケティングの入口から出口まで。
そのような想いでお付き合いさせて頂ければと思っております。
何かございましたらお気軽にお声掛けください。

株式会社アイアンドディーサイトはこちらから
http://www.iad.co.jp/</a>

お問合せはこちらから
http://www.iad.co.jp/contact/</a>

菊地 晃
菊地 晃

業務パッケージメーカーに在籍し、プロダクトマーケティングからルートセールス・ハイタッチセールスまで、 営業企画と営業活動の上流から下流まで幅広く経験。\nその後、ERP系SI企業でダイレクトセールスを経験した後、I&Dにて業務系サービスを中心にプロジェクトを担当。 業種・業務にフォーカスした活動経験が豊富。