【手書きの御礼状の効用】

私は、お会いしたかたに即日、お礼状を出すことを徹底して実行している

下座の行と思い、毎日数枚描いている。

描いていると書いたのは、筆で情熱をこめて書いているからである。

下手ではあるが、あるお客様から、「福重さん、あの筆書は何流ですか?」

と、聞かれたことがある。

答えは、当然「自己流」

今、メールでお礼を出すのは当たり前の時代になったが、字のうまいへたは

別にして、直筆のお礼状はもらうとうれしい。

だから、私も出す。

相手のうれしい顔を思い浮かべながら・・・

だから、ちょっと操作主義かもしれないが・・・

福重

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員