【マーケティングオートメーションの将来】

ここ3カ月間、直接、お客様を訪問してマーケティングやSFA周辺の

状況を聞き取りしている。

肌で感じることは、

マーケティングオートメーションやSFAはすでにコモディティ化する寸前

であることだ。

理由は、クラウドで基盤からDBソフト、Webソフトなど10年前に比べ

圧倒的に安い金額で利用できるようになった。

よって、ツールとして提供するマーケティングオートメーションは

価格競争に入ってしまい、消耗戦がこれから始まるような感じがする。

よほど、特別な利点がないと、単純なSierは無くなっていくだろう。

Saasが数年前に叫ばれたが、これからは本当の意味で

Software as a Serivice、つまりサービスでお客様の課題を解決

しない限り、ソフトの優位性に対する注目は無くなるかも知れない時代になった。

ということである。

福重

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員