【プロの仕事を久しぶりに見た】

先月、自宅のベランダを修理した。

以前、ある業者に修理してもらったが、半年前に突然、

ベランダの底の板が腐って樋がはずれいるのを発見した。

そこで、ある業者に依頼して状況の把握と見積もりをもらった。

この業者は半額前金で見積もりしてきた。

費用は想定した範囲だったので、半額を現金で支払い、早速

作業に入ってもらった。

その作業の日、約1時間半、底をはがしたら追加の作業と費用が発生すると

言われ、作業を中断し、再見積もりを依頼した。

あっと驚く数字、最初の5倍の見積もりが来た。

ここで、この業者に依頼することはあきらめた。

前金で半額は支払い済み(Just for 1.5hours)

そこで、近くの業者を見つけて見積もり依頼した。

費用は半額、早速作業を頼んだ。

この業者、棟梁から社員まで数名で乗り込んできて、相談しながら

進める。土曜日に作業を見ていると、手抜きはまったくしない。

そして、ここも悪いのでついでに直します。と言う。

また、追加費用か??と思っていたが、請求金額は同じ!

期待以上のでき具合で安い!これがプロの仕事だと思った。

昨日、棟梁につい電話した。

「これから起きる家の問題はすべて御社にお願いします」我が家の

家のコンシュルジュの誕生の瞬間であった。

「これから、すべてのマーケティング活動はアイアンドディーさんに

お願いします!」と言われる会社になりたい。

福重

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員