【企業情報取扱は、だれが担うべきか?】

さて、社内で情報を収集し利用を促す部署は
どこが良いだろうか?

一般企業では情報システム部門や経営企画部門、
販売促進部門などである。

まず、情報システム部門が社内インフラの構築や
各種ソフトウエアのプログラムを担っているのであれば、
企業情報取り扱い部門としては、不適格な部署だろう。

なぜなら、彼らは利用者のことはあまり知らない。

では、どこが良いか?

それは、例えは悪いが、戦争する時のことが参考になるだろう。

やはり、全体の統括部門の下に情報統括部門がある。
そこは全戦況の情報をすべて管理しかつ指示も出す。
統括部門(企業では社長)の直下にある組織となる。

米国はCIAや国家情報局などが該当するだろう。
それだけ、情報なしでは戦えない。

上記のような組織に相当する部門は、会社ではどこだろうか?
 
私見ではあるが、それはマーケティング部や知財部、
経営企画部なのではないか。

こちらは、参謀本部に該当するかもしれない。

そして、統括者は、いわゆるCMO(Chief Marketing Officer)
なのではないか?

こちらの名乗りは日本では、まず見ない。
社長室長なども該当するかも知れない。
  
では、営業部や営業本部はどうなんだ?と
聞かれそうだが、SalesはMarketingの一部であり、
戦術部隊である。

マーケティングが上位概念で戦略を練るところである。
   
英語のwikiでMarkeitng とSalesの違いが掲載されているので、
こちらを基に考えてみたい。

合わせて米国マーケティング協会からマーケティングの
定義を引用してみた。  
   
*米国Wikiより引用
■Marketing   
Marketing is a process where a person identifies the
needs and wants of people, determines and creates products
or services that meet their needs and wants, how and where
to deliver them, how to price them and how to promote the products.    

■Sales   
Sales is a process whereby one prospects peoples needs,
finds a solution to them, recommends it to the people in need
then advocates their product and sells it to them.    

■Ammerican Marketig Assosiation(米国マーケティング協会)より引用  
Marketing is the activity, set of institutions, and processes    
for creating, communicating, delivering, and exchanging offerings    
that have value for customers, clients, partners, and society at large.   
   
MarketingとSalesの違いは、簡単に言うとマーケティングの概念の
一部にSalesが含まれているということになる。どちらも顧客などとの
関係性の中で活動し、結果的に受注に結びつける行為ではあるが、
営業は短い時間軸でマーケティング活動は長い時間軸での活動となり、
利用する手法や収集するもしくはすべき情報の種類が異なる。

2015年9月7日 福重 広文

福重 広文
福重 広文

起業家支援財団評議員, 起業家支援財団学生奨学金審査委員