どうする?SSL化でもキーワードを取得する方法+α

notprovided先月、検索サイト大手のYahoo!が、2015年8月18日より段階的に、検索結果にSSLと呼ばれる暗号化プロトコルを使用することを発表しました。

このSSL、セキュリティーとプライバシー保護の観点からすると、非常に素晴らしいことなのですが、実はWeb担当者としては、見逃せない一面を持っておりました。
そうです、なんと、Google検索と同じく、検索キーワードを取得することが出来なくなってしまうのです。

これはなんとも一大事、ということで、今後どのようにしてキーワードを取得していけば良いのか、調査してみました。

なぜ、Yahoo!はSSLを導入したのか

Yahoo!サイドのインタビューによりますと、ユーザーから送信される情報を盗み見られたり、改ざんされたりするリスクを防ぐことにより、より安全性の高いサービスを提供するために導入したようです。

またYahoo!では、リファラーから取得していた情報が、一部取得できなくなる等の現象が起こることを把握しているようですが、ユーザーが安心して使用できるサービス提供を重視しての導入のようです。

 

キーワードが取得出来なくて困ることとは?

Web担当者の率直な考えとしましては、「お客様がどういうキーワードでサービスを探されているのか?」が分からなくなってしまうということではないかと思います。

サイトのキーワードは、「お客様に探していただきやすい」ことを考えて設定しているかと思います。
Webはプル型の販促形態のため、どんなに良いサービスでも、お客様の見つけたい、という気持ちに頼る部分が大きく、見つけていただけない場合は、存在しないとい同じことになってしまいます。

自社のサービスが、どのようなキーワードで検索されているのかを知ることで、例えば、「このサービスにあの情報をもっと盛り込んだら、より分かり易いかもしれない」とか、「このサービスはニーズがなさそうだから、取り下げたほうがいいかな」といった判断の材料にもなったりします。

 

何とかしてキーワードを知りたい!

これだけ大切なキーワード、やはり何とかして知りたい!
そこで、キーワードを探る手段を2つご紹介したいと思います。

1.Search Console「検索アナリティクス」

旧名「Googleウェブマスターツール」のSearch Console内、「検索アナリティクス」にて、クエリ(検索するときに打ち込んだ言葉やフレーズ=キーワード)と表示回数、クリック数、平均掲載順位等を知ることができます。

どのクエリで、どれだけ表示される機会があったか、また、実際にどれだけクリックされたかを調べたいときは、この「検索アナリティクス」を活用することができます。

###analytics

 

2.Google Analytics「カスタムレポート」

上記の「検索アナリティクス」、とても便利なツールなのですが、そのキーワードで流入した先のランディングページは分かりません。
キーワードの傾向は分かったけれど、どのページにどのキーワードで流入したのかを知りたい、という場合は、この「カスタムレポート」が役立ちます。

ただし、上記検索アナリティクスで測定されているクリック数と合致しないようなので、どちらが正確かという問題はありますが、キーワードの傾向を掴んでいただくことは可能かと思います。

custom

参考:キーワード分析レポート

設定方法は、下記リンクをクリックするだけ。
Keyword Analysis Report
※上記のレポートについて、弊社が動作を保障するものではございません。ご了承のうえ設定いただきますよう、お願いいたします。

 

類似したキーワードを探してみるのも

応用編として、検索される可能性を広げる、ということも有効ではないでしょうか。
「検索アナリティクス」や「カスタムレポート」より、キーワードの傾向を掴むことが出来たら、そのキーワードに類似したキーワードを探すことが出来ます。

Google Adwords「キーワードプランナー」
例えば、現在よく耳にする「マーケティングオートメーション」ですが、類似キーワードの検索をすると、「マーケティングクラウド」や「クロスチャネル」といったワードが出てきます。

adwords_key この類似ワードは、設定したキーワードと近いサービスである可能性が高いので、内容を調査し、自社サービスと合致するようであれば、設定して検索数の母数を増やすことが出来るのではないでしょうか。

 


 

いかがでしたか?
今後、キーワードに頼らないSEOが主流になっていきそうですが、お客様が何を知りたいのかを知るには、やはり、キーワードが分かりやすいといえるのではないでしょうか。
お客様の声に耳を傾けつつ、サイトを運営していきたいものです。

 

参考記事:

ヤフーさん、検索HTTPS化はいいけど、サイト管理者というステークホルダーを軽視しちゃってませんか?
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/09/01/20909
【1クリックで今すぐ使える】私が感動したGoogleアナリティクスのカスタムレポート4選
http://yongshuangchem.com/news/2660/

 

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。