気になる!最新(2015年当時)Google発信ニュースをチェック

newspaper_and_man

2015年 Google発信ニュースをチェック

最近Googleから、ウェブに関する気になるニュースが、いくつか発信されました。
何か重要な動きはあるでしょうか。内容をチェックしながら、探ってみたいと思います。

検索品質評価ガイドラインをGoogleが公開

Googleで検索したとき、上位表示されるページは、Googleから品質が高いと評価されているページです。

しかしながら、その品質とはどのような基準をもって評価されているのか、実際に使用されていた基準については公開されていなかったようです。

しかしGoogleが、評価基準をまとめたPDFを正式に発表しました。

Google Webmaster Central Blogによりますと、2013年に人による評価のガイドラインを発行ましたが、その時から多くの変化があったと述べています。
PCよりもスマートフォンが、検索で使用されることが多くなったことが顕著な例とのこと。
こういった変化に対応し、大幅な修正を行ったそうです。
これまでとの違いを認識してもらうべく、公開したようですね。

またこちらは最終版ではなく、今後も検索形態の変化により修正していくようです。
ちなみにこちらのPDFは、なんと160ページもありました。
いかにGoogleが公正に評価をしているか、ということが、よく伝わるのではないかと思います。

Googleアプリの自然言語検索がより賢く

通常、検索エンジンを使って検索をするとき、単語を1語、もしくは2語、多いときは3語など、「単語+スペース」という形で入力されるケースが多いのではないかと思います。
今回Googleから発表された内容によると、Googleアプリは、もっと複雑な質問でも結果を出してくれるようになったようです。
例えば、

  1. 最大級(最も背の高い○○の選手は?、最も○○の町は?、など)
  2. 特定の時間(1965年の○○の人口は?、2014年に録られた○○の曲は?、など)
  3. 複雑な組み合わせ(○○の義父の映画は何?、○○が生まれた年の人口は?、など)

というような質問にも、検索結果を出せるようになったようです。
質問の意味が分かるようになった、ということのようです。

なお、記事ではGoogleアプリについて書かれていましたが、PCでのGoogle検索でも多少の順位の違いはありますが、ほぼ同様の検索結果になりました。


ウェブサイトの安全性に関する情報を取得できるツール

「アクセス先のサイトで不正なソフトウェアを検出しました」という赤い警告画面が表示されることがあるようです。
これは、マルウェアへの感染やフィッシング攻撃から保護するための警告、ということですが、明らかに安全そうなサイトで出てきた場合、戸惑ってしまいますよね。

なぜこの警告が出たのか、を確認するツールが、Googleから提供されていました。

セーフ ブラウジングのサイト ステータス

toumeisei

こちらによりますと、警告が出た場合、そのサイトが不正使用されているケースが多いそうです。
以前訪問したことがあるサイトでも、警告が出たら閲覧を避けることをお勧めします。
自社サイトで警告が出てしまった場合などは、こちらのツールを使用して原因を確認したほうがよいでしょう。

 

いかがでしたか?
多くの方がスマートフォンで検索する現代ですが、将来はまた違う検索形態になるかもしれません。
また、より高度な検索もできるようになることでしょう。
そして、ウェブ上で起こる犯罪も、また多様化していくこととなると思います。
不測の事態に備え、情報を定期的にチェックしていきたいですね。

 


参照記事
非公開だった検索品質評価ガイドラインの最新版をGoogleが公開
https://www.suzukikenichi.com/blog/google-publishes-search-quality-guidelines/

Googleの自然言語検索がよりスマートに。
http://www.seojapan.com/blog/googles-natural-language-search-gets-smarter

赤い警告の裏側: ウェブサイトの安全性に関する情報をもっと
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.com/2015/11/behind-red-warning-more-info-about.html

アイアンドディー
アイアンドディー

「エキスパートコラム」は、株式会社アイアンドディーのコンサルタントが発信するブログです。マーケティングの最新情報や事例、その他役に立つ情報を発信して参りたいと思います。 株式会社アイアンドディーで実施するイベントの告知、取り扱い製品・サービスの紹介とご導入事例もご案内します。