テレマーケティング+心理学=相手の心を動かす会話術

a0001_016497

テレセールスが上手くいく
簡単なコツって無いのかしら?!

「あの頃の恋愛は最高だったなあ・・・」
突然の質問ですが、過去の恋愛や出来事に思いを馳せること、
皆さんはありませんか?

ではなぜ過去の出来事の方が現在より素敵だと思える事が多いのでしょうか?
その理由は心理学で証明されています。
今回は行動心理学に基づいた、“すぐに実践できるテレマの技”をご紹介いたします。

なぜ過去の出来事の方が現在より素敵だと思える事が多いか?

実は心理学に基づいた説明が出来るのです。
旧ソ連の心理学者、ツァイガルニクは
「人は中断されたものに魅力を感じる」ことを発見し、
その現象を「ツァイガルニク効果」と名付けました。
達成できなかった出来事のほうが達成出来た事よりも
印象強く記憶してしまうヒトの記憶構造から生まれる現象らしいです。

実際にこの心理学はマーケティングにも巧妙に取り入れられているのです。
・テレビCM
ストーリー性のあるCMを見ていると、よく「続きはwebで!」と誘導されます。
続きが気になってweb検索したことが幾度とあります・・・!

さて、前置きが長くなりましたが、
今回は行動心理学に基づいた、“すぐに実践できるテレマの技”をご紹介いたします。

行動心理学をテレマに利用してみる

1:バンドワゴン効果~「皆が○○を選ぶなら私も・・・」~

マーケティング用語集にも記載されるくらいなので、結構有名ですが、
簡単で実践しやすいです。

電話で製品をアピールしたいときは、
「同業他社様も実は同じお悩みをお持ちで、
○○(訴求したい製品)を利用して頂いてるんですよ」
ただ製品をアピールするより、効果バツグンです。
「自分以外の大勢が○○を選択しているのか・・・なら買おうかな」
ついつられてしまいます。

2:対話相手のうなずき~「あぁこの人の話は退屈だなあ」~
電話相手のうなずきが頻繁になったら要注意です!
ヒトは興味が無いときに、うなずきが頻繁になると行動心理学では言われています。
自分の会話内容の切り替わりに関係なく「うんうん」と親身に
話を聞いてくれていそうな人ほど、案外興味が無いかもしれません。
うなずき頻繁の気配を察知したら、すぐに別の話題に切り替えましょう。

**テレマでの行動心理学の効果は・・・!
**
ご紹介した2点は、私も電話の際に意識しています。
個人の感覚ですが、どちらも実践する価値はあります。
もし、テレマーケティングで対話相手と
上手くコミュニケーションが図れないという方がいらしたら、
是非実践して頂きたいです!

今回ご紹介したテクニックはあくまでも小手先を利かせたものです。
相手の興味を引くトークスキルをモノにしたければ、
やはりセンスとスキルを地道に磨くほかありません。
そんなセンスとスキルを兼ね備えたコール担当のサービス情報はこちら・・・
http://www.iad.co.jp/telesales/column/</a>

 

参照サイト:
「面白いほどよくわかる!他人の心理学」
著者: 渋谷昌三
http://goo.gl/EDdgxb

ビジネス心理学
行動心理学を営業や恋愛に活用|しぐさと嘘を知る10の理論
http://biz-shinri.com/behavioral-psychology-6357