これは重要!信頼関係を構築できる話し方のコツ2選-その2

OZP88_jojouryy-thumb-815xauto-15987

「電話でもっと自信を持って話せるようになりたい・・・」
「話す内容はおかしくないのに、相手との距離が遠い」
アウトバウンドコールを経験者なら1度は絶対に悩む内容ではないでしょうか?
成果が出ずに悩んでいらっしゃるなら、是非このコラムを
1度お読みください。

いつまでたっても電話対応がうまくいかない・・・
文化庁の平成24年度版「国語に関する世論調査」によると、
「どちらかと言えば、自分の話し方に問題があることが多いと感じる」と
55.0%の10代~60代の男女が回答したデータがあります。
特に10代~40代は自分の日本語が間違っていると
回答しています。
皆、日本語に自信がないという事実にほっとした編集者です。(笑)

日本語が難しいのは皆一緒!少しずつ正しい日本語を
遣えるようになれば良いのです!

前置きが長くなりました。
会話の仕方を工夫することでアウトバウンドコールをより良く
出来るということを念頭にコツを2つご紹介します。

アウトバウンドコールが上達するコツ2選
1:口角を上げて、口を横に開く
「そんな新入社員向けセミナーで習うようなことをコツって言われても・・・」
確かに簡単過ぎて信じられない小ワザに思えるのですが、
実は口角を上げて話すだけで丁度良い具合に声が高くなるのです。

Aさん「どうも…○社のAです…(ぼそぼそ)」
会話相手「お世話になっております!
(何言ってるのか全然わからないなー作業しながらテキトーに会話しよ)」

万が一このような状況が続いているとしたら、非常に勿体ないことです。
電話では、気持ち高めの声色でお話しすると、対話相手には
丁度良い高さに聞こえて、印象が良くなるケースが圧倒的に多いです。
普段自分の声がどれぐらいの高さに聞こえているか意識
するだけで印象が良くなるならこれほど楽で嬉しいコツはありませんよね。
Don’t forget your first resolution!

2:「えー」「あのー」を無くす
他にも自分の口癖がつい出てしまう場合は出来るだけ
意識して言わないようにするべきです。
案外自分が話す時は無意識に「えー」と言ってしまうものです。
せっかく内容の充実したお話をされても、「えー、あのー・・・」
と間延びした話し方では本来伝わるはずの内容もバッチリは伝わりません。

最近はスマホにボイスレコーダーのアプリが標準搭載されていますので、
一度同僚の相手にテレアポコールをして
録音を聞いてみるのはいかがでしょうか?

プロのアナウンサーは常に実践してるから心地よい声なのだ!
正直アウトバウンドコール経験者にとって自明のことを
コツとして紹介いたしましたが、
意識するのみと、意識して実行するのは全くの別物です。

日々のアウトバウンドコールの中でコツを意識して会話し続け、
最高のコール担当者になってゆきたいものです!

別のコラムでもコツを紹介しているので是非こちらもご覧くださいね♪
これは重要!信頼関係を構築できる話し方のコツ2選
http://www.iad.co.jp/telesales/column/archives/241</a>
コツ1:呼吸の同調
コツ2:スピードの同調

参照:

文化庁
平成24年度版「国語に関する世論調査」(有効回答 約2000名)
http://qq4q.biz/q4tD

東洋経済
http://toyokeizai.net/articles/-/80311?page=3
http://toyokeizai.net/articles/-/79693?page=3
http://toyokeizai.net/articles/-/89084?page=2

たった1日で声まで良くなる話し方の教科書
著者:魚住りえ
http://urx2.nu/q2p4