Posts

営業の極意と電話の極意

先日、「成功する営業マンはムダ話がうまい!」という本を読みました。
この本の、トップセールスマンがこっそり使う、話のネタとコツと知恵。
という見出しにはついつい心が惹かれてしまい、手を伸ばしてしまったという経緯もあります・・・。

競合調査の方法について考えた ~効果的に進めるための5つのステップ~

ブログ写真_20130624_2.jpg先日、社内の若手社員による
プレゼンテーションを聴く機会がありました。
与えられたプレゼンテーションのテーマは、
「自社製品の競合調査」
競合や競合製品を知ることの重要性は分かっていながら
自社できちんと調査し、まとめるのってなかなか大変ですよね?

調査を社外にアウトソースするのも結構費用がかかるでしょうし。
他の先輩社員から何度かダメ出しをされたとのことですが、
最終的な発表内容はとても参考になるものでした。

せっかくなので、発表内容からの考察ということで、
どうしたら効果的に競合調査が進められるのかを「5つのステップ」でまとめてみました。

世界遺産

つい先日、三保の松原が世界遺産に認定されました。
私は宮城で育ち、日本三景の松島にも思い入れがあるので、認定のニュースは興味深く見ていました。

今回の認定には他国へのマーケティング活動が実り、後押しがあったとの事。 マーケティングという名の根回しが、結果に結びついた点でも、嬉しく感じました。

【本当の仕事とは】

安岡正篤先生の言葉から 利口・小才は逆効果! 「本当の仕事をしようと思ったら、決してあまり利口になったり 小才を効かせずに、ゆったりとした気持ちで

展示会効果を最大化

皆様、不安定な天気が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
私は湿気にやられて、早く梅雨が明けて欲しいと、切に願っております。
どうぞ、皆様もご自愛ください。

さて、最近は展示会に出展された企業様から、様々なご依頼をいただくケースが増えております。
ここが”最良のタイミング!”と積極的に活動されているお客様が多いようです。

【人生・仕事の結果 = 考え方×熱意×能力】

稲盛語録から引用します。 人生・仕事の結果 = 考え方×熱意×能力 「考え方」とは、哲学や思想、倫理観といった生きる姿勢、 それらをすべて包含した「人

なぜ、重複データの名寄せは結構高い費用がかかるのか

5月から続いた展示会シーズンもそろそろ佳境にはいってきている状況です。
昨年くらいから、展示会への出展を減らそうという企業が多くみられるような気がします。

私のお客様の中にも、展示会に使用する予算を減らして、他のことをやろう!という 企業が複数ありました。
とは言っても、まだまだ展示会の需要は高く、弊社にも来場者のデータ化のご依頼が あとを絶ちません(いつもありがとうございます)

興味分野である”Needs”

テレマーケティング「電話道」では、各ターゲット企業の興味分野である”Needs”の聴取を行います。

では、興味分野である”Needs”とは何でしょうか?
①情報システム部門の部長が、個人的に興味を持っているIT分野でしょうか?
②営業企画、経理部門など現場部門の方が、効率化を模索している業務分野でしょうか?
③”CX”、”ビッグデータ”など、良く耳にするキーワードへの興味でしょうか?

【NHKサキどりに出演しました】

6月2日(日)の午前8時25分から放映のサキどりに出演 することができました。 友人でボイストレーナー兼ピアニスト兼ソプラノ歌手、永井千佳さんの

行動観察

先日、縁あって”ビジネスマンのための行動観察入門”(講談社現代新書:松波晴人著)を読みました。

概要は、行動から対象の潜在ニーズを分析し、改善提案を行う事が必要との考えから、ケーススタディが9パターン展開されています。