Posts

【リーダーと調整役の違い】

日本では、 「あいつはいい奴」 「一緒にいると楽しい」 「あいつに頼むと、うまくまとめてくれる」 「かわいそうだから助けてあげよう」と上司にねじ込む

【百姓に胃潰瘍は居ない】

昨日、読んだ本に書いてあったが、 百姓は自分で耕し、種をまき、肥料を施し、収穫し食する。 収穫の喜びがあるから、仕事が楽しくなる、 それに比べて企

【渡辺和子さんの引用】

ノートルダム清心学園理事長の渡辺和子さんが 昨年末、致知に投稿されていたので紹介したい。 1.置かれた場所で咲きなさい 2.時間の使い方は、そのま

すぐに売り上げにつながらないリードは必要か

リード(ここでは見込顧客たり得る可能性のあるリスト:いわゆる名刺情報)を
獲得するための手段は色々とあります。
BtoBでリードの数を増やすには展示会への出展、ホワイトペーパーダウンロード
サイトへの掲載というパターンが多いかと思います。
その他の施策でもそうなのですが
「費用を掛けて集めたリードから新規受注がない」
という話を聞きます。

「統計学」という最善を求める、最強の学問

“ビッグデータ”というバズワードがすっかり浸透し、 本や新聞、ネットの記事ではビッグデータとともに、 “統計”や”分析”という関連した言葉を多く見かけるようになりました。

“統計”を学問として学んでいないけれど、 仕事上、統計の知識が求められているという人は結構多いのではないでしょうか。
かく言う私も、レポートなどをまとめる際、 もっと統計のことが分かっていれば、、と思う瞬間が少なからずあります。

ということで、今日は最近読んだ統計学の本について書こうと思います。

新年度 2

新年度になり、弊社にも新卒の社員が2名入社しました。
弊社は、今までは中途採用が多く、 新卒はあまり採用してきませんでした。
しかし、今後は、新卒の社員を増やしていく 方針と聞いております。

【見習いたい会社】

本日は見習いたい会社について、お話します。 当社は今年度、サービスからホスピタリティへの転換を標語として 取り組んでいます。 品質x価格xサービス

【論語から~和して】

先月のプレジデントで稲盛さんがいかに苦労されたか? 従業員の立場から、当時と現在を比較して社長以下、 役員の感想が述べられていた。 最初のアメーバ

CMOどころではない?

現在、IT企業のマーケティング担当者の方に取材・ヒアリングをさせていただいています。
マーケティング活動の取り組み状況についての取材でして、取材結果を統計レポートとして
取材にご協力いただいた企業様に無料で提供させていただくという企画です。
マーケティングの予算と施策毎の予算比率、具体的な施策と効果、体制や人員などについて
伺わせていただいています。

【彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず】

本日は、謀攻篇 第三の参について話してみたいと思います。 謀攻篇 第三の参は、 「彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず。 彼を知らず己を知らざれば、