Posts

リスト作成の難しさ

おかげさまで、11月決算にむけて新規顧客が増え、なんとかなりそうな 雰囲気が出てきました。あと、1ヶ月が追い込みになるので、できるだけ多くのプロジェクトをこなしていかなくては いけない状況です。
弊社サービスの1つである、テレセールスについても、今月がピークの状態で要員スケジュール などを含め、非常にめまぐるしく日々活動しております。

セミナー予定表を更新しました

こんにちは!すっかり寒くなってきましたね。
北のほうでは初雪も降ったと聞きます。
いよいよ、鍋物の季節です。

今回は、セミナー予定更新のお知らせをいたします。

【名刺入力の課題解決】

先月、大分にある株式会社オーリッド社のKYBER SmartCardBox という製品を見つけた。 この製品はスキャナと人間クラウドを合わせたサービスで名刺を 小型スキャ

メールのメリットデメリット

我々の業務の中でメールを使う比重がどんどん高まっています。
お客さんへ連絡を取るのもメール、見積もりを提出するのもメール。 少し前であれば、電話や直接会ってということも、 今ではメールが主流となっています。

また、メールの利用はお客さんとの連絡だけにとどまりません。 部署間の連絡、個人的なやり取りなど、 社内の連絡にもメールの利用が増えています。

費用対効果と投資対効果の違い

費対効果と投資対効果の違い

費用対効果投資対効果。 どちらもよく耳にする言葉ですが、意識して使い分けていますか?

ある本では次のような定義がされています。
・費用対効果→費用の投下を止めると、同時に成果も止まるもの
・投資対効果→将来得られるリターンを期待して行うもの

マーケティングの施策を行う際、 当然その成果を検証するプロセスまで含めてプランニングする必要があります。 例えば、テレマーケティングの場合、費用対効果として考えるのか、 投資対効果として考えるのか、どちらがいいのでしょうか。

成功の要因

成功要因の一つとして、その企業全体の感謝力も重要と考えています。
昔参加した研修資料に、感謝に関わる記載がありました。

—————————————————-

◆”感謝”とは・・・  「The Power of Appreciation」 by Noelle C. Nelson and Jeannine Lemare Calaba
『感謝』という言葉から、あなたはまず何を思い浮かべるだろうか。 おそらく、無理にしなければならないこと(「屋根の下に暮らしている事を感謝しなさい。 家がない人もいるんだよ」)、あるいは、してもらうべきなのに、してもらえないこと (「あなたのためにしてあげたのに!」)ではないか。

展示会来場者の興味度合をメールで把握するには

皆さま、こんにちは。
10月、11月は展示会やイベントが多数あり、多くの名刺が集まる時期ではないでしょうか。

名刺を入力することも一苦労ですが、さらにお礼メールを作成、配信するとなれば、 なおさら大変です。
そんな苦労をしたのに、送った相手からの反応が見えないのは、辛くないですか?

製品・サービスを語るストーリー

過ごしやすい季節になって来ました。先日の3連休も行楽などに出かけられた方もいるのではないでしょうか。

私は、東京都現代美術館で開催されていた「特撮博物館」展(http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/)に行ってきました。
展示期間も終了間際ということもあって、 時間によっては入場までに3時間待ちという盛況ぶりでした。

自社の特徴はなんですか?

テレセールス(電話道)を開始する際には、必ず「御社の特徴は?」という話をさせて いただきます。
多くのお客様からは、「うちは、○○が得意だ」とか「サービス業のシェアはNo1だ」など 特徴を教えてもらえるのですが、たまに「わからない」とか「あまりないなぁ」と言った回答も あったりします。

その場合は、なんとかして、お客様の特徴を聞き出すべく、色々と質問をするのですが これが結構くせものだったりします。

インサイドセールス/テレマーケティングのお声掛けはお早めに!

最近、B2Bビジネスを展開している企業様から顧客開拓の支援依頼を多く頂きます。
遅くとも11月の下旬にはお客様にアプローチしたいからと・・・。

12月になると皆様お忙しくなりアポイントが非常にとりづらくなります。 年内のアプローチを考えている場合は、11月初旬にはアポイント打診を行う必要があります。