Posts

無駄なお金をかけて

アイアンドディーが行っている、インサイドセールス業務(主に電話が主です)は 他社がやっているテレマと比べると、費用が高くなっています。
高い理由は色々とあるのですが(詳しいことは別途ご説明に伺います) 利用いただいているお客様からは、高い評価をもらっていると思っています。
高いために、たくさんの予算のある方などがよく利用してもらうのですが 非常にもったいない結果が出ることがよくあります。

本当にテレマはダメなのか。

私も今回は読書ネタでひとつ。 今読んでいるのが、「その科学が成功を決める」という本です。
巷で信じられている成功法則はたくさんあれど、 それらには本当に信ぴょう性のある根拠があるのか、 という疑問から、科学的な実験データをもとに成功のためのヒントを解明していく、 という内容です。

例えば、入試や就職の面接でミスをした場合、一体どの程度結果に響くのか。 ダイエットをするにあたって、イメージトレーニングは有効なのか。 などなど、身近な事例がいろいろと紹介されています。

そのテレマを見直してください①

もし御社が下記のようなテレマーケティングをされているとしたら、 やり方を考え直してください。
・とにかくプッシュする強引なテレマ
・とにかくコールを増やして数をこなすテレマ

上記のようなスタイルは効果が出ないだけならいいですが、 自社のイメージダウンにも繋がることがあります。 今はインターネット上に情報があふれ、自分で判断できる 時代になりました。
「比較サイト」を覗けば、簡単にわかりやすく競合製品との比較件討 ができますし、「ブログ」や「SNSサイト」から、使用者の声を拾い 上げて検討することも容易にできます。

最近読んだ本

●”働く君に送る25の言葉” 佐々木常夫(著) ビジネス本ランキングに名を連ねていたこともあり 最近衝動買いをしました。 40才が視野に入る私にとっ

営業マンは、スーパーマン!?

・新規のお客様の発掘
・お客様訪問
・製品のデモ
・提案書作成
・プレゼンテーション
・見積もり作成
・納品
・請求
・回収
まだまだ挙げればきりがないですが、営業担当者の方がやらなければならない仕事は 多種多様にあります。

変化することは忘れること

本日の日経新聞では、 1.相撲の八百長問題 2.CCC社長の増田さんがMBOして非上場を目指していること 3.新日鉄と住金が合併すること、 が大きな

自社ホームページのアクセス企業が顧客となります。

皆さまは自社のホームページを訪れた人を把握していますか?
アクセス解析は導入されていて、アクセス数は把握されている 方は多いと思います。
でも、どの会社さんからアクセスがあったかまで、把握されてない方が 多いかもしれません。

当たり前ですが、 「ホームページ訪れた人=自社や製品に興味をもっている可能性が高い」 ということがいえます。
もちろん単にコンテンツに興味があって訪問しているケースも あるかもしれません。 しかし見込み先として考えると、取引が始まる可能性は比較的高い 会社さんであると言えるでしょう。

【クイズ】日本の企業数はいったい何件あるのでしょうか?

【答え】3452850 この数字は、 2010年度の中小企業白書から引いた数字で、 2006年における日本の企業数になります。
※まあ、様々な統計があるかと思いますので、目安のひとつとお考えください。 http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h22/h22/index.html

この中に御社の未来のクライアントになりうる企業があるかと思いますが、 そこにどうやってアプローチしたらいいのか。 時間や費用など限られたリソースの中では、 虱潰しに当たることもできないため こここそが御社のマーケティング力の見せどころとなるのではないでしょうか。

世界に一つだけの花

●それぞれの感じ方----- タイトルを見て多くの人が”あれはいい歌だよね!”と 思ったのでは? 私はこの言葉を聞くとコア・コンピタンス(企業の強

B2Bマーケティング塾「不況下でも売上を伸ばすSI-DEPTH分析(TM)手法」セミナー

皆様こんにちは。
本日は新年第一弾の弊社セミナーのご案内になります。
弊社で独自に考案・開発した、B2CのRFM分析に相当する SI-DEPTH分析(TM)手法について詳しく説明いたします。(B2B企業限定セミナーです)
SI-DEPTH分析(TM)のイメージとは?